光のイコプ

FF14超絶日常系


第53話 その背に赤い翼を

f:id:ikopu:20190830014510g:plain

FCに待望のライオンさんが入隊しました!

喜びに舞うメンバーです!

後列の動きダッサー!!

 

今日は赤魔道士になったりします!

 

リーブってもしかして良いのでは

f:id:ikopu:20190830014852g:plain

森を愛する男イコプは、木こりのレベルもあげていますが、同時に調理師のレベルもあげています。

ですので、いざとなった時にすぐに料理が作れるように、常に大量の食材を持ち歩いています。

備えあれば、憂いなしというやつですね。

ただ本当はどこにしまえばいいのかわからなくてそのままになっているだけです。

 

f:id:ikopu:20190830015021j:plain

そんな最近は木こりとしてリンゴを集めるのがマイブームです。

りんごは雪山で取れるので、ぼーっとりんごを摘み取り続けます。

 

f:id:ikopu:20190830015059g:plain

気づいたら「よく持てるな」っていう量のりんごを背負っていましたので、チーマーに自慢します。

 

 

f:id:ikopu:20190830015140j:plain

Lechatさんから「大人として何となく何か答えなきゃ」という匂いのする優しい相槌を頂きました。

 

 

f:id:ikopu:20190830015326j:plain

木こりは儲かると思ってやってるのですが、いまだに木こりで儲かったことがありません。

めちゃくちゃ頑張って手に入れた木材が100ギルにもならなかったりしてて、それなら売らずに持っておこうか・・・となってしまうのですね。

リンゴは何となく消耗品な気がするし、売れるような気がすると思ったのですが、やっぱりそれほど高値では売れない様子。

これを有効活用する手段はないものか・・・と調べていると。

 

f:id:ikopu:20190830015620j:plain

 

f:id:ikopu:20190830015626j:plain

なんと大量のりんごを大量のリンゴジュースに絞り、それを全て引き取ってくれるという大口リーブがあったのですね!!こりゃあすごい!とせっせとジュースを作っては納品しました。リーブってほとんど使ってこなかったのですけど、これ便利ですね!!ギャザクラのレベルあげにはリーブが便利!!ブログ4ヶ月目にしてみなさんに伝える有益な情報ですのでお納めください!!!

 

楽しいレベルレ

f:id:ikopu:20190830020541j:plain

レベルレに行くことになりました。

我々はいつだって本気なので、最速クリアを目指します。

 

f:id:ikopu:20190830020639j:plain

ダンジョンは得意のワンダラーパレスでした。

さっそくタンクぺけぴーに付いていきましょう。

夜のワンダラーパレスは暗くてパーティメンバーも見にくいわけですが、我らがタンクぺけぴーはこのように「暗闇で光る」ので見失うことはありません。

タンクのミラプリとして最高の機能美かもしれないので、ガチタンクの方々におすすめです!

 

f:id:ikopu:20190830020856j:plain

さて、最速クリアを目指す私たちですので、今回は「一匹も倒さず走り抜けていったらもうそれは最速なのでは?」という天才の発想で挑むことになりました。

光のタンクぺけぴーが並み居る敵たちを華麗にまとめていきます。やるなぺけぴー!すごい数だぜ!

 

 

f:id:ikopu:20190830021012j:plain

行き止まりにたどり着いて一斉に襲われるぺけぴー。

 

f:id:ikopu:20190830021300p:plain

 

 

f:id:ikopu:20190830021323j:plain



 

f:id:ikopu:20190830021341j:plain

なお大量にまとめた敵たちが、戦闘が終わり「さあ戻ろ戻ろ」と自分の持ち場にぞろぞろと帰っていく様は、何となく面白くて一見の価値ありなので、オススメです!

 

 

赤魔導師になろう

さて、私のメインストーリーは新生2.2くらいのようなのですが、ついに白魔道士が70レベルでカンストしました。メインストーリーで出てくる敵が異常に弱く感じるのは私のストーリー進行が遅いからではなく私のプレイヤースキルが凄すぎるからだと思うことにしています。なお、80が現在の上限のようですが、私はヴィランズはまだ買っていないので、70がマックスなわけです。

 

ですので、レベルレとかに行けなくなってしまいましたので、困り果てて、白魔道士一筋でやってきた私も、ついに何か他の職業でも上げてみるか・・・と思っていたところ。

 

f:id:ikopu:20190830021949j:plain

赤魔道士の職業クエストっぽいものがありました!!

赤魔道士・・・赤魔道士か・・・!

どうせなら、一芸に秀でる感じが好きなので、赤魔道士、黒魔道士、白魔道士と魔導師系を極めていくっていうのも面白いかもしれないな・・・!よし!次は赤魔道士やってみよ!

 

f:id:ikopu:20190830022107j:plain

そうして、この少女の悩みを解決しようとしていたところ、偶然チーマーのPunya Tte(ぷにゃりん)が現れました。どうしたどうしためっちゃこっち見てるやん。怖いやん。

 

聞くと、ちょうどぷにゃりんも着たい装備があるため、そのためには赤魔道士になる必要があったとのことで、赤魔道士クエストを受けるところだった様子。

それならさっそく一緒に少女の姉を助けにいきましょう!

 

f:id:ikopu:20190830024516j:plain

ただ赤魔道士に対するぷにゃりんのテンションはめちゃくちゃ低い空気感が出てます!落ち着いて!いくらミラプリ装備が欲しいだけだとしても!瞳をうるませた少女の前で心の声が完全に発声されちゃってるから!

 

 

f:id:ikopu:20190830022408g:plain 

さっそく街をでて、少女の姉の救出に向かいます。

最近斜めに走ることにハマっている私は斜め走りをしながら目的値に向かいます。

これGIF動画にするまでのことだったかな?と書いてて今思いました。

 

 

f:id:ikopu:20190830022627j:plain

いたいた!お!どうみても赤魔道士みたいな人いるやん!

 

 

f:id:ikopu:20190830022659j:plain

やってますね・・・あっ今から戦うんですね?

 

 

f:id:ikopu:20190830022740j:plain

すると、赤魔道士が「これが赤魔道士の戦い方だ!」みたいな感じで戦ってくれました。

 

f:id:ikopu:20190830022837j:plain

なるほど!魔法とレイピアみたいな剣で戦うスタイル!かっこいい!

でもこれは近接DPSなのか遠隔DPSなのか・・・?

できれば遠隔のほうが敵の攻撃避けやすそうだから嬉しいんだけどな・・・!

 

 

f:id:ikopu:20190830022933j:plain

私は赤魔道士の方の戦闘を見ていただけで、特に何もしていなかったのですが、都合よく赤魔道士に認められました。

酒場に来てくれたら赤魔道士の技を伝授しようとのこと。

特に何もしてないのに教えてくれるだけでなく、まあまあお酒でも飲みながら伝授しまっせ〜みたいなオープンな感じの魔術のようですね。フランク!

 

 

 

f:id:ikopu:20190830023256j:plain

さっそく酒場で教えてもらいます。

しかし、そのとき。とんでもないことが起こったのです。

 

 

f:id:ikopu:20190830023729j:plain

おや・・・ぷにゃりんの様子が・・・?

 

 

f:id:ikopu:20190830023744j:plain

ああー!!!突然の全裸ァー!!!!

初めてのジョブチェンジの時になるやつですね!!

 

 

 

f:id:ikopu:20190830023819j:plain

急ぎ服を着るぷにゃりん。

 

 

 

f:id:ikopu:20190830024008j:plain

いやそんな・・・

見た?みたいな顔をされても・・・。

 

f:id:ikopu:20190830024050j:plain

このとき私はキーボードがなかったので、ラインで素直な気持ちを伝えます。

 

 

f:id:ikopu:20190830024131j:plain

そして私も修得できましたので、さっそく赤魔道士になってみます。

久々の新職のジョブチェンジなのでやり方を忘れていて困りました。

そうやん武器を装備するとジョブチェンジやんね・・・!

 

 

f:id:ikopu:20190830024223j:plain

赤魔道士はレイピアみたいなのがメインアームみたいですね!ジョブチェンジできました。

一応おあいこになるように私も全裸をアピールしておきます。

借りは返したぜ、ぷにゃりん!!

 

 

f:id:ikopu:20190830024327j:plain

とりあえず持っていた装備を装備します。

てか、こんな赤魔道士っぽい装備いつのまに持ってたんだ・・・?

今もらったのかな・・・?

というかそれより、ぷにゃりんの装備すごくない?その頭どうなってるの?

 

 

f:id:ikopu:20190830024449j:plain

 

 

 

 

さて、新職の感触を確かめる為に、我々は近くで発生したフェイトに挑むことにしました。

ほとんど初めてのDPSなので、楽しみです!!

 

ただ、この赤魔道士という職業はなぜか50レベルからのスタートのようで、

f:id:ikopu:20190830025047j:plain

最初から、かなりたくさんのアクションスキルがホットキーに現れてました。

何これ・・・ほとんど効果がわからない・・・どれ使えばいいの・・・どうしていいのこれ・・・。

 

f:id:ikopu:20190830025206j:plain

困り果てますが、まあ習うより慣れろだろ、と戦闘に行ってみます。

 

 

f:id:ikopu:20190830025032j:plain

ウオオオオー!!

赤魔道士イコプの何らかの魔術と何らかの攻撃を受けよ!!

 

 

f:id:ikopu:20190830025433j:plain

わけがわからないまま、何となく攻撃していると、謎のゲージが現れていることに気がつきました。何これ・・・?

 

 

f:id:ikopu:20190830025520j:plain

 

f:id:ikopu:20190830025556j:plain

おそらくこのメーターが溜まると何らかのメリットが生まれると思うのですが、さっぱり使い方がわかりません。こりゃあレベルレとかに行けるまでに相当練習しないとまずそうだな・・・!!

 

f:id:ikopu:20190830025702j:plain

でも白魔道士がカンストしてしまった今、俺が生きる道はこの赤魔道士しかないんだ・・・!!極めるぞ、赤魔道士!!!!

頑張りますので、レベルレでお会いすることがありましたら、どうか生暖かい目で見つめてやってください・・・!!

 


人気ブログランキング

というかヴィランズを買えば解決なのでは?

応援クリックお願いします!

 

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO