光のイコプ

FF14超絶日常系


第45話 新生イコプの新たなる旅立ち

こんばんは!光のイコプです!

先日新生2.0をクリアした記念にと、Anneさん(@Pinkbatanne)さんにイコプを描いていただけました!!!

 

f:id:ikopu:20190806224635j:plain

Anne❖通販受付中 (@Pinkbatanne) | Twittery 

 

 

この目・・・完全に「死なせない・・・一人もだ!」って目をしてますよね・・・綺麗な目をしている・・・!まさにイコプ・ザ・モンスターその人です・・・!

Anneさん、めちゃくちゃありがとうございました!!

 

さて、ということで今日からは光のイコプ第2部!蒼天のイシュガルド編に入っていくわけです!

のんびりごゆるりお付き合いをば!

 

 

新しいミラプリをしよう

さて、エオルゼアの悪という悪を滅ぼしエオルゼアを完全に救い切った私。

これで世界にはもう平和しかない、みたいな空気になるはずだったのですが、前回のエンディングでいきなり「新たな蛮神が出現したそうよ」みたいな空気になってましたので、さっそくエオルゼアはもう大ピンチ、世界が闇に覆い尽くされんとしているわけです。平和5分くらいしか無かった。

 

なので、イコプ・ザ・モンスターはさらに世界を救うべく旅に出るわけです。

 

でも、旅に出るに前にやっておくべきことがありますよね。

 

そうですよね、ミラプリです。

 

これまで、色々試行錯誤した結果

f:id:ikopu:20190801151413j:plain

この白魔道士AFスタイルをずっと貫いてきた私ですが。

バージョン2を終えるに当たって、気持ちも心機一転新たに旅立つためには、見た目から変える必要があるのではないか。あるな。ある!

ということで、まずは新たな格好を模索することにしました。

完全に形から入るタイプ。

 

 

 

ということでたどり着いた極地がこちら!!!

 

 

 

f:id:ikopu:20190807061304j:plain

バァアアアアン・・・!!

 

f:id:ikopu:20190806224440j:plain

 

か、かっこいぃ・・・!!

 

 

テーマは「エージェントの休日」

イコプ・ザ・モンスターは光の戦士でありながら、なんとなく闇の組織の一員って感じがあるじゃないですか。なんでそう感じるかって、黒いからっていう一点に尽きるんですけど、とにかくイコプは闇のエージェント軍団「ダークムーンファイア」の諜報員として普段は活動しながらも、その休日には少しラフな感じで働いているんよ、というイメージのミラプリにたどり着いたわけです。これは我ながらカッコよすぎます。惚れたぜイコプ。お前の勝ちだ。

 

 

f:id:ikopu:20190807061840j:plain

テンションが上がり果てましたので、さっそく盟友プランに自慢することにします。

類は友を呼ぶと言います。私と発想がだいたい一緒の彼も、どうやらバージョン3を迎えるにあたり、これまでの竜騎士通常AFだった状態から、ミラプリを新調したようです。

さっそくお互いのミラプリを見てバージョン3に向けて気持ちを高め合うことにします。

早速、グリダニアに集合です!!

 

えーっとプランはどこかな〜〜

 

 

f:id:ikopu:20190807062140j:plain

これはひどい

 

 

 

f:id:ikopu:20190807062200j:plain

f:id:ikopu:20190807062333j:plain
嬉しそうに語るプランに正直な俺の気持ちを精一杯伝える

 

 

 

f:id:ikopu:20190807062359j:plain

嬉しそうなプランに必死で俺の気持ちを伝える

 

 

f:id:ikopu:20190807062452j:plain

新しいステージに入った彼の新たな冒険を、光のイコプは応援しています!!!

 

 


新たなる旅立ち 

ということで、服装から心機一転、気持ち新たに冒険を始めます!

f:id:ikopu:20190807065835j:plain

前回のクリア後、ストーリーを進めるため、砂の家に戻りました。

ありがとうイコプ、みたいな感じで、暁のメンバーとこれまでの労を称え合う。

 

f:id:ikopu:20190807065838j:plain

しかし、ミンフィリアは言いだしました。

やはり、世界各地で新たな神降ろしが始まっていると。

それに対抗するにはイコプの力を借りたいとのことでした。

 

ふふ・・・わかりました、悩める暁のため・・・

このイコプの力、お貸ししましょう!

 

f:id:ikopu:20190807065841j:plain

ただ、君ら頼みごと多すぎだろ!

ほとんど全員やないか!!

自分で解決しようっていう人は暁にいないわけ!?

 

 

しょうがない、と手当たり次第にクエストを受けまして、話を進めていくことにしました。

f:id:ikopu:20190807065740j:plain

すると、唐突に新たなダンジョンが解放された気配が漂いました。

あ、これ、いつものやっちゃったパターンや・・・

 

 

 

f:id:ikopu:20190807065743j:plain

巨大な顔面をもった会長の気配が漂うダンジョンが解放されてしまいました。

これしかも、おそらくメインクエストと関係ないやつだーやってもたーレベルレで出るやつやーーー。

 

 

コンテンツファインダーを確認するに、やはりどうやらこれはメインクエストとは関係なさそうな、セイレーンにまつわるクエストの一貫のダンジョンのようです。

ログインしていた、Punya Tte(ぷにゃりん)にダンジョンに関して情報開示を求めることにします。

 

f:id:ikopu:20190807072406j:plain

おっその自信満々な感じ!すでにお主討伐済みか!!

 

f:id:ikopu:20190807072609j:plain

 

 

f:id:ikopu:20190807072621j:plain

 

 

f:id:ikopu:20190807072626j:plain

 

ということで、ぷにゃりんはセイレーンを一切倒したことがないことが薄々わかりましたので、これはまた初見のみんなで行ってみることにしようと思いました。

 

よし、それならバージョン3初めてのダンジョンや!!!

気合い入れていくしかねえ!!!といつものメンバーに集合をかけました。


 

 

f:id:ikopu:20190807072927j:plain

集まる光の戦士。ぺけぴー、ぷにゃりん、イコプ、プランです。

しかしおやおや?

私、プラン、ぷにゃりんは完全にバージョン3仕様のあらたなミラプリになっていますが、ぺけぴーがいつも通りの格好ですね?

 

「お前まだバージョン2の気持ちでいるわけwww」

とめちゃくちゃなじっていたら、悔しくなったのかぺけぴーも着替えました。

 

f:id:ikopu:20190807073115j:plain

・・・

 

 

f:id:ikopu:20190807073208j:plain

せめてミラプリにしてくれぺけぴー!

君タンクだから!

 

f:id:ikopu:20190807075535j:plain

ということで、「ストーリー?ストーリー?」とそわそわするプランを引きずり、

 

f:id:ikopu:20190807075532j:plain


 討伐!セイレーンに挑むことになりました!

 

怪き妖魔セイレーン

f:id:ikopu:20190807075636j:plain

いざ、ダンジョン前です。

 

f:id:ikopu:20190807075658j:plain

アイテムレベル下限のシステムを覚えた私たちは、今回もレベル下限で向かいます。

実装当初の強さで行ってこそ、真の光の戦士ですからね。

 

f:id:ikopu:20190807075751j:plain

突入すると、塔といいながらも、そこは薄暗い地下迷路のようなところからスタートでした。

よし、バージョン3!初のダンジョン突入だ!

 

 

f:id:ikopu:20190807075755j:plain

初戦で全滅!

 

 

f:id:ikopu:20190807075920j:plainいや、違うから。

マジで今回は普通に回復してたから。

なんか見間違いかもしれませんが、ヒールどころかワンパンで殺されたような気がします。雑魚に。

 

 

f:id:ikopu:20190807080009j:plain

全滅した時に若干逃げながら戦ったので、復活地点に敵が来ていて、生まれた瞬間殺される状態。この状態は「リスポーンキル」と言われており対人ゲームなどにおいては基本的にはやってはいけない非常に罪深い行為とされています。なんて罪深いダンジョンなんだ。

 

 

それでも、ギリギリの攻防をしながらゆっくりダンジョンを進めていきます。

 

f:id:ikopu:20190807080214j:plain

途中、ゾンビが蘇ったり、そもそも流れてる音楽がなんだか不気味で、普通に怖い感じあるダンジョンです。ぷにゃりんが普通に怖がって大騒ぎしている様子を楽しみます。

 

 


 

f:id:ikopu:20190807080346j:plain

そして、一体目の中ボスが現れました。

不沈のサイモンドさん。

 

f:id:ikopu:20190807080436j:plain

戦闘開始すると、ボス一体かと思いきや、たくさんの猟犬を召喚し戦ってくるスタイルのボスのようです。

 

f:id:ikopu:20190807080439j:plain

さらに、その犬の範囲攻撃を受けると謎のデバフがつき、

 

f:id:ikopu:20190807080442j:plain

次から食らうダメージが上昇します。

 

f:id:ikopu:20190807080744j:plain

さらに後半になってくるとなんかもう敵の攻撃がとにかくすごいことになり、

 

f:id:ikopu:20190807080903j:plain
範囲攻撃の範囲が見たことない広さになります。逆に範囲外どこ?ある?

 

 

何度かの全滅を繰り返して、これはちょっと尋常じゃなく勝てる気がしないと思った我々。

 

f:id:ikopu:20190807081002j:plain

ボイチャを導入して速やかな連携を計りながら戦いますが、惜しいところまでは何度か行くものの、勝てない。

 

 

f:id:ikopu:20190807081403j:plain

 

f:id:ikopu:20190807081410j:plain

 

バージョン2までとはもしかして、全然違うの・・・?

FFってこういうゲームだったの・・・?

 

f:id:ikopu:20190807081640j:plain

そして一体目の中ボスで90分使い切り、ダンジョン終了!!!

ウオオオオオ!!!!

強すぎやてwwwwww

 

寝る 

ということで、バージョン3初のダンジョンに燃え尽きた我々は「ぺけぴーのミラプリがバージョン2のままだったのが敗因ではないか」と考えミラプリをして寝るのでした。

f:id:ikopu:20190807081751j:plain

写真はミラプリを考えるプランとぺけぴ。

君たち、なんで全裸になってから考えるの?

服買いに行く時全裸になってから行くタイプの人たちなの?

 

 

 

おまけ

f:id:ikopu:20190807082443p:plain「あのね」

f:id:ikopu:20190807082443p:plain「みんなが、すごく嬉しそうにバージョン3バージョン3言ってたから、言えなかったんだけど」

f:id:ikopu:20190807082519p:plain「どうしたぷにゃりん」

f:id:ikopu:20190807082443p:plain「みんな、まだバージョン2なんだよ」

f:id:ikopu:20190807082519p:plain「えっ?だってエオルゼア救ったよ?」

f:id:ikopu:20190807082443p:plain「うんでもまだそっから先が結構あって」

f:id:ikopu:20190807082443p:plain「このペースでいくとバージョン3に行けるの年末くらいだと思う」

f:id:ikopu:20190807082519p:plain「ミラプリまでしたのに?」

 

 

俺たちのバージョン2はまだまだ続くようです!

 


人気ブログランキング

応援クリックよろしくです!

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO