光のイコプ

FF14超絶日常系


第42話 真・初めてのミラプリ

f:id:ikopu:20190728165141j:plain

「いよいよ行くのね…イコプ。エオルゼアを救う最終決戦の地へ」

「いえ、今日はレベルレとミラプリに行きます」

「えっ?」

 

ということで今日はミラプリをしたりレベルレに行ったりした話です!!

 

レベルレに行こう!

さあ、今日も元気よくレベルレに行きましょう!!

今日のレベルレはどこかな?!

f:id:ikopu:20190728165926j:plain

出ました!ブレイフロクスの野営地ー!!

ストーリーで一回行ったきりの懐かしいところですね!!

 

今日のレベルレはタンクにPlan Sun(プラン)を迎えてのレベルレなので、目標は生きて時間内に生還することになりそうです!修羅のレベルレ!

 

とはいえ、タンクプランは初心者であることには多分間違い無いのですが、その実力は未知数なところがあります。

彼は時々突然真顔で「FFは野良は予習ありきだから」みたいな大人の顔を出すことがあるので、当然このブレイフロクスの野営地に関してかなり予習している可能性もあるわけです。これは彼を信じてみる価値がありそうです。

 

f:id:ikopu:20190728170303j:plain

しかしプランは、スタートと同時にカタコトの現地人みたいになってしまったので、これはもう完全に何にも解ってないパターンのプランだと判断することができました。

よーし!行きて帰ろうぜみんな!

 

導くぜプラン

f:id:ikopu:20190728170655j:plain

f:id:ikopu:20190728170700j:plain

故郷に迷うタンクプラン。

 

 

f:id:ikopu:20190728170704j:plain

プロっぽさだけは大事にするタンクプラン。

 

窪みに入る傾向があるぜプラン

f:id:ikopu:20190728170913g:plain

f:id:ikopu:20190728170920g:plain

プランは窪みがあると入っていく傾向のあるタンクのようです。

 

f:id:ikopu:20190728170923g:plain

f:id:ikopu:20190728170916g:plain

いや、俺は怒られると思う!!!

 

まとめるぜプラン

 

f:id:ikopu:20190728170424j:plain

f:id:ikopu:20190728170449j:plain

タンクがまとめるとか言うとそれっぽいはずだ、というプランの気持ちがすごく伝わってきます。

 

 

れでぃこが犬を飼った

f:id:ikopu:20190728171100j:plain

一気に話は変わるんですけど、最近Ladyko Kobayashi(れでぃこ)が犬を飼いはじめたんですね。

 

f:id:ikopu:20190728171144j:plain

この子!ぎゃーかわいいー!!!毛がモッファモファ〜〜〜〜〜!!

 

f:id:ikopu:20190728171224j:plain

 

f:id:ikopu:20190728171234j:plain

何だか一気に強そうに見えてきたー!

 

ミラプリをしよう!!

さて、ということで今日の本題はミラプリの話です。

以前一度、ミラプリをする!って感じの話を書いたのですが。

これを書き終わってしばらくしてから気づいたんですけど、これ、ミラプリじゃなかったみたいなんですね。

ミラプリ=おしゃれをすること、と認識していたのですが、どうやらミラプリ=装備記憶みたいなことのようです。

ドラクエで言うマイコーデと多分近い概念。

 

ですので、実際はまだ一回もミラプリをやっていなかったということになるので、そろそろ2.0ラストに近い気配がする私としては、いよいよ手を出してエオルゼアのファッションカリスマとして一躍有名になるしかないのかな・・・と思ったわけです。

 

f:id:ikopu:20190728171718j:plain

ということで、鏡の前に立ちます。

まずやり方がよく解っていないので、試しに適当な装備を使ってやってみます!

 

f:id:ikopu:20190728171816j:plain

あっなんかできた感じ!?

これでいいのかな!?

 

f:id:ikopu:20190728171850j:plain

できたー!!

ということでついにやり遂げました、はじめてのミラプリ!

白魔道士装備を装備しながら、格好だけはこのような怪しげなローブの男に擬態することができたわけです。

なんかもうこれでもいい気がしてきたな・・・すごいオーラあるやん・・・?

 

 

とはいえ、私は実はすでに心の中に目指すイコプ像があるのです。

というのは、友人にSawa Acchi(サワッチ)という男がいるのですが、彼がミラプリでドラクエキャラと同じ見た目にするということをやっていたのですね。

 

f:id:ikopu:20190728172247j:plain

ドラクエのサワッチ

 

f:id:ikopu:20190728172308p:plain

FFのSawa Acchi

 

凄くないですか?!

違うゲームだけど遠目にもすぐわかるこのアイデンティティ!!!

これだ!俺もドラクエと同じようなイコプにしたい!!そう思ったわけです!!!

 

 

そこで、私のドラクエのキャラクターはこちらになります! 

f:id:ikopu:20190728172443j:plain

ポイントは、白髪、浴衣、黒縁メガネ、帽子の4点です。

白髪はすでに完璧にクリアーしているので、あとは浴衣、メガネ、帽子を揃えればいいわけですね。

 

f:id:ikopu:20190728172618j:plain

ということでチーマーにも協力してもらい、メガネと浴衣を捜索することにしましょう!

 

 

f:id:ikopu:20190728172644j:plain

なるほど!浴衣は課金だということがわかりましたので、すぐにあきらめましょう!

お金は大事ですからね!!!

 

f:id:ikopu:20190728172807j:plain

ですので、まずはメガネを探すことにしました。

 

f:id:ikopu:20190728172833j:plain

マーケットボードに走れぇー!!!!

どこだ俺のメガネーーー!!!

 

 

f:id:ikopu:20190728172911j:plain

・・・めっちゃくちゃ種類あってわけわからんな・・・

 

 

f:id:ikopu:20190728172941j:plain

なんかもう・・・寝るか・・・・

 

と、若干心折れ気味になってぼーっとしていたら、そのイコプの窮地に気づいたのか、盟友 Punya Tte(ぷにゃりん)が現れました。

彼女は「まったく、一人じゃ何にもできないんだから」みたいな表情ですっと帽子をとると、

 

f:id:ikopu:20190728173125j:plain

f:id:ikopu:20190728173201j:plain

メガネを出してきましたー!!!

でかしたー!!まさにメガネって感じのメガネやん!それだわ!!!

 

f:id:ikopu:20190728173244j:plain

 

意気込む私に、しかしぷにゃりんは何とすでにこのメガネを二本持っているとのことで、譲ってくれるとのことです。持つべきものは盟友・・・!!

 

f:id:ikopu:20190728173317j:plain

あんたに、このメガネ・・・着こなせるかな?

みたいな表情なぷにゃりんからありがたく受け取ります。

 

よいしょ!!

早速かけてみましょう!!!

 

 

 

f:id:ikopu:20190728173517j:plain

バーン!!

 

 

 

f:id:ikopu:20190728173450j:plain

「・・・どう?」

「いいんじゃない・・?!」

「でも、俺ドラクエで黒縁メガネだったから、これ黒くしたい」

 

f:id:ikopu:20190728173619j:plain

そう、せっかくならドラクエに合わせて黒縁メガネにしたいのですが、ドラクエとの唯一の違いはイコプの肌の色がちょっとだけ違うことなんですよね。

そう、黒いんですよねこっちのイコプ。

でもまあ、黒縁メガネは俺のアイデンティティだから!!

染めます!黒く!

 

f:id:ikopu:20190728173722j:plain

さあどうだー!!!!

 

 

・・・?

 

 

f:id:ikopu:20190728173738j:plain

 

メガネが・・・消えた・・・?

 

メガネを探す

 

ぷにゃりんが言うには、しかしもっと黒縁メガネっぽいメガネもマーケットにありそうとのことで、もう少し探してみることにしました。

f:id:ikopu:20190728173909p:plain

ただ、買う前にメガネを試着してみるのですが、小さい上にイコプが黒すぎてよくわからない問題が出現します。

 

f:id:ikopu:20190728174041j:plain

色も変えてみるのですが、やはり小さくてよくわかりません。

これ、拡大できないのかな?と試してみます。

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190728174516g:plain

いや・・・ちゃうねん・・・!!

そうじゃないねん・・・!

 

 

 

f:id:ikopu:20190728174657g:plain

 

ゲット・ザ・黒縁メガネ

そうして私が画面の前で股間をグイーグイーと拡大縮小して奮闘している間に、ぷにゃりんが「これ、どう?」みたいな奴を探してきてくれました。その名もクラシックグラス。

 

f:id:ikopu:20190728174807g:plain

あーー!!!これだー!!悪くないのではー!!?

 

f:id:ikopu:20190728175041g:plain

これだ・・・俺の、マイソウルメガネ、見つけたぞ!

 

 

f:id:ikopu:20190728175105g:plain

一応、白いほうがさらに映えるかもしれないので、染色も試してみます!

 

 

f:id:ikopu:20190728175146j:plain

・・・

 

 

 

f:id:ikopu:20190728175225j:plain

f:id:ikopu:20190728175311g:plain

 

なんかラジオのDJみたいだね、と寸評いただきました。

 

 

極めろ!ミラージュプリズム

しかし、そうしてマイソウルメガネを手に入れた私は、テンションが上がりまして。

もうこの調子で、全身コーディネイトして最強のおしゃれ装備になってやろうという気持ちになりました。

 

盟友ぷにゃりんに「候補をラインで送るからアドバイス頼む」と伝え、さっそくマーケットで試着を繰り返します。

 

・・・こうか・・・?いや・・・こっちでこうで・・・?

 

 

f:id:ikopu:20190728175546j:plain

おおお・・・なんかめちゃくちゃカッコいい気がするけど、カッコよすぎるな・・・こんなイコプ見たく無いな・・・エージェントみたいで親しみが持てない・・・もっとこう親しみが持てそうで楽しげな格好というか・・・んんん・・・・・???

 

そんなこんな考えながらやってるうちに、そのうちに、今見ているものがカッコいいのか何なのかよくわからなくなってきます。

 

f:id:ikopu:20190728175736j:plain

ぷにゃりんからも「・・・」という返信。

いかん・・・わけわからんくなってきた・・・おしゃれの袋小路や・・・

 

しかし、そうこうして悩むこと1時間くらい。

何だか、それっぽいゴールにたどり着いた気がしました。

f:id:ikopu:20190728175833j:plain

これ・・・!!

これ、悪くないんじゃない・・・!?

なんかゴテゴテしててカッコいいんじゃない!?

さっそくぷにゃりんに評価を求めます。

 

f:id:ikopu:20190728175944j:plain

やったー!!!ぷにゃりんも高評価だ!!!

めちゃくちゃ自信が出てきた私は、さっそく全財産をはたいて装備を購入します!

そこに躊躇なんて一つもありません!

 

f:id:ikopu:20190728180050j:plain

どうだーーー!!!!!

 

 

・・・・

 

どうだーー・・・?

 

 

ミラプリそれは魔境

なんか、実際買ってみたら、ゲームの中では凄く地味な感じがしたので、こうなったらもうピンクと黄色で染めてみればいいんじゃない!?ってやってみました!

 

f:id:ikopu:20190728180137j:plain

たどり着いた最終形態がこちら!!

やったぞ!これが!イコプ・ザ・ファッションモンスターです!!!!

 

 

・・・・うん!!!!

 

 

f:id:ikopu:20190728180305j:plain

何だかめちゃくちゃ馴染まなかったので、もうコレに戻すことにしました。

これなら白魔道士だなってめちゃくちゃわかりやすいし、いいじゃないですか。

何ならこの白と赤の服もずっと着てたから、愛着がすごいんですよね最近。

ということで、よーし!

 

俺のミラプリは、これで行きます!!!

 

 

 

 


人気ブログランキング

次回は多分いよいよラスボスでしょうか!

応援クリックお願いします!

 

 

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO