光のイコプ

FF14超絶日常系


第6話 イコプ、木こりになる

四コマでわかる前回までのあらすじ

 

f:id:ikopu:20190423162808g:plain

 

 

f:id:ikopu:20190423165326p:plain

森の木々を伐りつくす

f:id:ikopu:20190423075651g:plain

俺はイコプ

木という木を伐り尽くすもの

黒衣森に生まれ、黒衣森の全ての木を切り尽くし、森とともに消えていく存在

そう、ターミネイター(終わらせる者)としての使命を授かりし者・・・

 

ということで開き直りました。

 

 

ぷにゃりん

さて、森で木こりをして貴重な休みの大半を過ごしていると、LINEが鳴りました。

ドラクエフレンド、ぷにゃりんと、もう1人のフレンドがLINEで会話をしていました。

f:id:ikopu:20190423081611g:plain

ぷにゃりん

ドラクエ10界のぐるぐるメガネ3羽ガラスと呼ばれるうちの1人。

そのメガネの下の素顔を見た者はこの世に長くは居られないと噂され恐れられている

そんな彼女も最近FFを始めました。

 

 

 

f:id:ikopu:20190423082023p:plain

どうやら、私を探しにいくみたいな話をしているようです。


f:id:ikopu:20190423081828p:plain「おっぷにゃりん来るんか。FFだとどんな感じかなーやっぱぐるぐるメガネかけてるんかな」

 

楽しみに木こりを続けました。

 

 

 

 

そして2時間が経った

さてメープル材を死ぬほど背中にしょってそろそろイコプの大腿筋は大丈夫なのかなと不安になるくらい木を切りつくしたので、そろそろリアルでお出かけしようかなと思っていたところ。

 

LINEが鳴りました。

 

f:id:ikopu:20190423082413p:plain

 

えっ

 

ぷにゃりんそういや、まだ探してたの?

えっえっ

 

f:id:ikopu:20190423082630p:plain

2時間も?

 

 

 

ぷにゃりんとの邂逅

さすがに2時間もイコプを探し求めたぷにゃりんに「じゃ、俺出かけてきまーす!!」と元気よく伝えるのは人としてどうなのかと思ったので、

 

「ひそひそ木立のどこかにいるよ」

とヒントを与えて木こりを続けました。

 

すると

 

f:id:ikopu:20190423075636g:plain

あっ!コアラを連れたそのピンクの姿・・・

あれはまごうことなく・・・

 

 

f:id:ikopu:20190423075639g:plain

ぷにゃりんや!!!

なんか近いな、どうしたどうした、やっと出会えた・・・みたいな感極まった表情してるやん。

 

 

f:id:ikopu:20190423075644g:plain 

開口一番、黒いって言われました。

 

 

 

f:id:ikopu:20190423075642g:plain

そんな黒いかな・・・と思って写真を撮ったら、

「まさかこんなに黒いとは」

と画面の前で両手で顔を覆うくらいには黒かったです。

人と比べると良くわかるな・・・ぷにゃりんと同じ種族なんだけどな・・・・

 

でも、いうても、なんかやっぱりキャラクターがドラクエと似たような感じになるのが面白いですね。

f:id:ikopu:20190423081611g:plainf:id:ikopu:20190423083328p:plain

だいたい一緒。

うん、あとはぐるぐるメガネ手に入れればゴールやね、ぷにゃりん。

ぐるぐるメガネがFF14にあるのかはわかりませんが。

 

ぷにゃりんが何してるの?と聞くので

f:id:ikopu:20190423075648g:plain

ちゃんと答えたところ、褒めてもらったので悪い気はしませんでした。

 

 

そうしてぷにゃりんは「じゃ、またねえええええ」と去っていきました。

 

 

何しに来たの?

 

 

 

サワッチとの邂逅

さて、次の日。

イコプ・ザ・木こりは良質な木々を求めて森をさまよっていたところ、集落みたいなところにたどり着きました。

 

ちょうどレベルも上がったので、何か良い木こり装備は売ってないかと探していたところ・・・。

 

f:id:ikopu:20190423075655g:plain

あれっ

この人・・・この名前・・・この顔・・・

なんだかとても馴染んだ感じが・・・

 

 

これ完全に

f:id:ikopu:20190423084133g:plain

サワッチやん!

 

完全に友人のサワッチです、間違いありません。

彼とはドラクエよりむしろリアルで遊ぶことのほうが多いくらいのガチフレンドです。

 

彼も最近FF始めたとは聞いていましたがこんなところで偶然出会うとは・・・エオルゼアも狭いもんやで・・・!

 

 

しかし、彼はぼーっと焦点の定まらぬ目で虚空を見つめるばかり。

そうか、FFで会うのは初めてだから、私がイコプその人だと気づいていないかもしれませんね!

 

これはアピールして彼に気づいてもらうしかありません。

f:id:ikopu:20190423075659g:plain

<俺だよイコプだよとなるべくわかりやすくアピールする様子>

 

 

すると、彼も私に気づいたのか、

 

f:id:ikopu:20190423075721g:plain

突然本を取り出して呪文を唱え始めました。

なんの効果がある呪文だったのかはわかりませんでした。

 

 

f:id:ikopu:20190423163817p:plain

 

サワッチは、どうやらここは、それなりに町から遠いところだったので、初心者の私がここまで来れたことに驚きを隠しきれない様子です。

 

サワッチは、こう見えて意外とゲームが得意なタイプの男なので、大抵のことは聞けば答えが帰ってくるとても汎用性が高い男。

さっそくこのあたりで木こり装備が売っているところがないか聞いてみました。

f:id:ikopu:20190423164114p:plain

すると速やかに、ここだよ、とよろず屋に連れて行ってくれました。

すごいなサワッチなんでも知ってるな。

 

さっそくワクワクして新しい装備を買っていると、しかしサワッチから驚きの発言が。

 

f:id:ikopu:20190423164253p:plain

f:id:ikopu:20190423164320p:plain

 

ええええ!?

まじかよ!?お店で買わなくてどこで買うっていうわけ!?

 

はっまさか

 

そのとき私の脳裏にひらめくものがありました。

 

サワッチは奥さんと一緒にFFをやっているはず・・・

つまり、装備は全て妻に買わせて・・・??

 

恐る恐る聞いてみます。

 

f:id:ikopu:20190423164513p:plain

 

f:id:ikopu:20190423075702g:plain

 

サワッチ夫妻は夫妻ともに仲良しなのですが、知らない間に私の知らない関係性が芽生えていたみたいです。夫婦って怖いですね。

 

f:id:ikopu:20190423075719g:plain

まあ実際はダンジョンとかで拾えるらしいです。

早くダンジョン行きたいー!!!

でも木こりでダンジョンって行けるのかがよくわかりませんが・・・

 

 

サワッチにお礼を言うと、じゃあ、俺は木こりに戻るからと伝えました。

 

f:id:ikopu:20190423075728g:plain

f:id:ikopu:20190423075732g:plain

するとサワッチは踊り始めました。

別れの舞でしょうか。

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190423075724g:plain

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190423075736g:plain

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190423075740g:plain

 

あっごめん写真の撮り方研究してた


 

 

次回予告

次回、ついにイコプが初めてのパーティプレイに挑む!

強大な敵を前に、力を合わせる光の戦士たち・・・

果たして2人は巨悪を打つことができるのか!

次回、光のイコプ第7話!

「アノールは攻撃的だから気をつけて」

お楽しみに!

 

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO