光のイコプ

FF14超絶日常系


第3話 園芸師になりたい

f:id:ikopu:20190420114617p:plain

 

前回までのあらすじ

初チャットに失敗し心に小さな傷を負う

 

 

モンスターを倒してみたい

さて、強制チュートリアル的なフェーズが終わり、自由になったイコプ。

この後はなんちゃらギルドに行ったりとか誰々に会いに行こうとかそういうおすすめをいただいたような気がするのですが。

 

f:id:ikopu:20190420110201g:plain

オラ、とりあえずモンスターを倒してみたい!!

 

 

ということで道祖神の招きにあった感じで町の外に飛び出します。

いうても、初期村の周辺なんて、ドラクエで言えばスライムがふよふよしてる場所のはず。

何もわからない状態ですが、とりあえず戦うことくらいはできるでしょう!

 

f:id:ikopu:20190420110803g:plain

街を出ると、なんだかかっこいい森にでました。

黒衣森・・・こくいりん・・?くろぎぬもり・・・?

 

f:id:ikopu:20190420110859g:plain

外に出ると、おそらく敵であろうモンスターがウヨウヨいました。

レディバグ、スクウィレル。

聞いたことないモンスター名ですが、ドラクエでいうスライム的な存在なんだろうなと考えます。

レベル1ってついているってことは、モンスターにもレベルがあって、同じモンスターでも強さが違うのがいるってことなのかな?

 

よくわかりませんが、とりあえず、戦ってみましょう!

カーソルを合わせて、ボタンを適当に押してみます。

 

f:id:ikopu:20190420111052p:plain

よっしゃ!戦闘が始まった!!!

 

 

f:id:ikopu:20190420111130g:plain

バシバシと杖でなぐる幻術師イコプ。

ほう・・・オートなのかな・・・?戦闘は。

 

とりあえず、せっかくの初戦なので気持ちを完全に入れていくことが大事と考え、

f:id:ikopu:20190420111225g:plain

幻術師らしいセリフを連呼しながら倒していきます。

 

 

 

やはり幻術師はヒーラーらしく、攻撃力が弱いので時間がかかりますが、敵も弱いので、危なげなく倒せました。

 

しばらく敵を倒していると、

f:id:ikopu:20190420111417g:plain

レベルがあがりました!!

やったー!楽しい!これぞRPG!これRPGで一番楽しい瞬間!!クライマックス!!!

 

 

ただ、どう考えても杖で昆虫を撲殺して回るのは幻術師らしくない姿だと思うので、カリスマ幻術師ーそれはマナの力を魔力に変える存在ーなのかは知りませんがーとしては、やはり魔法が使ってみたいところ。

 

色々とガチャガチャ触っていると、

f:id:ikopu:20190420111523p:plain

なんかそれっぽいウィンドウが開きました。

おそらくクラスって職業のことでしょう?

そうすると、幻術師のレベルを上げていったら、順番にこの魔法を覚えていくってことでしょうね。

ケアルとかストーンはわかるけど、メディカとかリポーズとか、知らない名前の呪文もありました。

というか!今更だけどヒーラーって白魔道士じゃないの!?白魔道士はいないのかなこのゲーム!どうせなら白魔道士になりたい!

 

 

まあ、ともかく呪文らしくアクションを見つけたので、使ってみます。

f:id:ikopu:20190420111958g:plain

うわーできたー!ストーンが炸裂したー!

殴る4倍くらいのダメージでてる!これぞ魔術師の真骨頂!!

 

街に戻る

さて、戦闘も堪能しほぼ完全にFF14のバトルシステムは理解できたようなので、街に戻ることにしました。

せっかくなので、ウロウロと見て回って探索してみましょう。

 

f:id:ikopu:20190420112130g:plain

飛行場らしき所につきました。

えっいきなり!?いきなり他の都市に行けるんだ!行ってみたい!

なぜならイコプザモンスターはこんな小さな町にとらわれるような男じゃないから・・・!

 

f:id:ikopu:20190420112239g:plain

なんやねん!

 

 

f:id:ikopu:20190420112255g:plain

次に武器屋さんを見てみます。

ほうほう、大将、なかなかいい品揃えじゃないか。

とはいえ、俺は中途半端な物はいらねえ。

とりあえず、一番いいやつ、もらえるかい?

へえ4622ゴールドか。

イコプはポケットの中の103ゴールドを握りしめた。

俯く。

ポツリ、ポツリと涙が大地にシミを作った。

大将、また来るわ。

そん時まで・・・こいつ、誰にも売らないでくれよな。

 

俺・・・俺、絶対、こいつを買える男になって、帰ってくるから!!!

 

 

 

f:id:ikopu:20190420112627g:plain

さらにウロウロしていたら、ビビっとくる人に出会いました。

園芸師ギルド受付、レオンソ。

園芸師!

園芸師!!

 

実は私はリアルでは観葉植物が好きでして、園芸とかめちゃくちゃ興味があるところです。

リアルのみならずFFでも園芸ができるとしたらこれはもうヒーラーとかしてる場合じゃないや!!

すまんぺけぴ、プラン!

俺ヒーラーやめた!

エオルゼアでは園芸師で食ってく!!

 

 

f:id:ikopu:20190420112813g:plain

ということで、レオンソ師匠に早速弟子入りを申し込みます。

 

 

f:id:ikopu:20190420112837g:plain

はい!!!


これブログでは伝えにくいですが、FF始まって最高にテンション上がってる瞬間です。

 

 

 


 

f:id:ikopu:20190420112929g:plain

f:id:ikopu:20190420112948g:plain

そんで一気にテンション下がった瞬間です。

 

 

 

 

f:id:ikopu:20190420034745g:plain

でも・・・でも!

俺、夢を見つけたんだ・・・!

このエオルゼアで最高の園芸師になって、でっかい植物農園を作るって・・・!

その夢のためなら、俺、なんだってするよ!レオンソ師匠!待っててください!

俺、10レベルになって・・・戻ってきます!!!

 

 

目指すべき目標が定まった。

まずは10レベル。

そして、エオルゼア一番の大農園、そうだな、「エターナルインフィニィ」とでも名付けようか・・・エターナルインフィニティを作り上げること。 

それがイコプ・ザ・モンスターの、夢!

f:id:ikopu:20190420114511p:plain

ということで、まずはレベル10目指して頑張ります!

 

 

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO